慢性 肩こり 張り

慢性 肩こり 張り

肩から首にかけて仕事時間が長くなると痛みがひどくなる肩こり

 

 

"緊張したり、日々の生活で筋力がないために肩まわりのを使ってしまうので、慢性的に肩まわりの筋肉が緊張することで肩こりになってしまいます。

 

次第にゴリゴリするような筋の張りかたが気になりはじめるのですが解決法がわからず…肩の張りがひどくなると首の後ろも張るようになり、それがエスカレートすると頭も痛くなります。

 

これが酷くなると吐き気を伴うので体調が悪くてどうしてよいかわからなくなります。

 

友人にも似たような症状があるのか尋ねた事があるのですが、私のまわりの友人は肩こりの実感が無いようでなかなか理解してもらえません。肩凝りにならない人がいるのが私には不思議です。

 

家族では母と妹が慢性的な肩こりがあるようで、悪化すると首や頭痛になる私と似たような症状であることがわかりました。

 

頭痛になると暫く悩まされるのでなるべく肩凝りを悪化させないようにしたいのですが、定期的に疲れがたまるので、どうにもできず現在に至ります。"

筋肉をほぐす

 

 

"疲れがたまり肩が張るのが、慢性的になり肩凝りに発展しているのですが…はっきりと「これ!」といった改善方法は、そのときの状態によって変えるのがよいと考えました。

 

軽度の肩凝りであれば、毎日の入浴時に肩を動かして血行をよくするのが効果的でした。

 

それより酷いときは、日中のふとした時に肩をまわしたり軽いストレッチをしてみます。

 

それでもなかなかほぐれずに首が痛くなったり頭痛が始まりそうなときは、なるべく首をかしげるような体勢をとらないようにすることが良いと思います。

 

スマホなど下を向く時間が増えたことも肩凝りにえいきょうしていると考えるため、頭を下げないで姿勢の良さを保つことを意識するのが効果的です。

 

それでも悪化して肩こりから来る頭痛がひどくなり、吐き気がするようなときは最終手段で病院へ行くようにしています。

 

筋肉がほぐれるような薬や鎮痛剤などで痛みを和らげるのです。

 

ただ、鎮痛剤では一時的に痛みを和らげるだけなので、平行してストレッチをして、根本的な筋肉ほぐしを心がける事がなによりも大切だと思いました。"

こんな記事も読まれています♪


ホーム RSS購読 サイトマップ